脇部にジャージを大きく使用するなど
各部に動きの大きいモタードライダーの
こだわりが実現されている。
SP6同様のパッド/シャーリング採用。